おでこが広くなる原因と対策

おでこが広くなる、薄毛が広がる「危険な行動」とは

円形脱毛症ではなく、おでこの生え際が薄毛になった、後退してきた、分け目が広くなってきたという一般的なハゲかたが気になったら、まずは昔の自分の写真といまを比べてみてください。

 

 

毎日鏡を見ていると薄くなってきたことに気づかなかったり、反対に自分が気にしているほど昔と変化がなかったり、という例があります。

 

もともとおでこが広い人はあまり薄毛に関係はありません。ただし、徐々に薄毛が進行してきているとすれば、生活習慣に注意しなければなりません。

 

 

よく言われるのが、バランスのとれた食事、じゅうぶんな睡眠、運動不足解消、ストレスをなくす、といったことですが、ここではそれ以外に意外に見落とされている「髪に危険な行動」について対策方法をまとめました。

 

前髪をかきあげて引っ張っていたら、おでこはげの危険!

 

よくタレントさんがシャンプーや整髪料のCMで前頭部の髪をかきあげて、カッコイイ仕草をしているのを見ますね。ふんわりかきあげるなら問題はありませんが、グっと引っ張るように強くかきあげてしまっていませんか。

 

 

私、よくやってました(汗)。しかも、自分の知らないうちにスーパー銭湯とか、夏の海、プールでお湯や水が前にたれるのがいやなので、キシキシとしぼるように……。

 

さらにオールバックの髪型にしているときには、コテでしっかり強く引っ張られていました。むしろ、昔はそのほうが気持ちいいと感じていたりしました。でも、これではダメージが蓄積してしまいます。

 

 

せっかく毛髪サイクルがあるのに新しい毛が発毛するまでに抜けてしまうのですから、将来、抜け毛に悩んで育毛剤のお世話になるきっかけになった生活習慣だったのだとわかります。

 

くれぐれも、髪は引っ張らないようにしましょう。

 

ヘアゴム、ヘアバンドを外すとき、髪が抜けませんか?

 

髪を長くしている友人が、ゴルフをやっています。彼は練習やコースに出るときはもちろん、ふだんでもヘアバンドをしていたのですが、長年使っていたら「おでこはげ」になってしまいました。

 

 

それ、ヘアバンドをはずすときに抜けた毛がゴムに絡み付いていたり、プチっと抜けたりしたせいなんですよね。

 

自然な抜け毛じゃないときって、痛いし切れ毛になるしイヤなものです。女性はそんなとき、髪にやさしいシュシュがあるのでいいのですが、男性にはちょっとかわいすぎるわけですね。

 

100均バナナクリップでやさしい抜け毛対策!

 

そこで、彼は女性のあいだで流行っているのが、髪にやさしい「バナナグリップ」を聞きつけてつけています。バナナグリップとは バナナのような形をしている、がま口型のヘアアクセサリーです。

 

 

これではありませんが、このようにはさむタイプですね。100均で売っているものにデコレーションして使う女性もいるようです。

 

あらかじめブラシで束ねるようにしておいて、バナナクリップを開いたら、つまみを合わせるように閉めるだけです。髪の毛に結び跡がつかないので重宝しますよ。

 

おでこが薄毛TOPへ▲